« | 記事一覧へ | »

適切な場所で、必要としている人に、必要な言葉を

渋滞注意!
渋滞注意! (Photo by D. Scott Taylor)
 道路の真ん中で立ち往生しちゃった車が。
 どうやらエンストしてしまったようで、その車を境に、国道に長~い渋滞ができてしまってました。
 ドライバーは40代くらいのおじさま。
 とりあえずは、車を道路の端に寄せようってことになって。
 その場にいた人たちで車を押して、無事に端に寄せることができました。
 でも、私その場にいたのに、あんまり何もできなくて。人力で移動する車が、標識にぶつからないように見張りながら「オーライオーライ」言うくらいで。
 なんか私、別にいなくても良かったんじゃないかなーと思っていたのですが、ふと、エンストしたドライバーのかたを見ると、ものすごく申し訳なさそうな顔でうつむいておられました。
 大丈夫でしたか、って声をかけたら、
「ブレーキとアクセルを両方踏んだら、急に止まっちゃって……!」
 って突然お話を始めたので、
「エンストなんてみんなあるから大丈夫。みんな絶対に気にしてないない」
 って言ったら、その40代ぐらいのおじさまはほっとした顔になってくださって。
 ああ、私、この人にこの言葉をかけるために、今日、この場に居合わせたんだって思いました。
 そうだよね。自分のせいで渋滞できたら、つらいよね。
 実際、みんな全然気にしていなかったけれど、当事者だとなかなかそうは思えないですものね。
 40代って「不惑(物事に惑わなくなること)の年齢」って言われてるけど、いくつになっても、つらいことはつらく感じるものなんだなって思いました。
 適切な場所で、必要としている人に、必要な言葉を。
 かけられる人になりたい。
 人の必要な言葉に、すぐに気付いていければ。