全ての人が選ぶ道に、優しい光が降り注ぎますように

全ての人が選ぶ道に、優しい光が降り注ぎますように
全ての人が選ぶ道に、優しい光が降り注ぎますように (Photo by Jitabebe)
 85歳のご高齢を感じさせず、現役社会人としてピンピンしてたお方がおられたのですが、癌で余命半年と告知を受けた途端、急に家から出られなくなって救急車で運ばれ、半年を待たずあっという間に旅立ってしまわれました。
 私が最後に病院のベッドの上で見た彼は、たった一ヶ月で生気を失い、別人みたいに痩せこけてしまったお姿でした。
 もし自分自身なら、どんな過酷な病でも、絶対に病名を知りたいって思っていました。自分の体のことですし、知っていた方が残された時間を大事に使えるんじゃないかなって。
 でも、自分の考えが本当に正しいものなのかどうか分からなくなってしまいました。
 きっと正解はなくて。苦しみもご家族とご本人しか分からなくて。
 人と家族の数だけ回答があって。できるのは、ご本人とご家族の判断を全肯定することだけで。
 伝える選択、伝えない選択。どちらの選択肢にも、家族を大事に思う気持ちがいっぱいに溢れているから。
 全ての人が選ぶ道に、優しい光が降り注ぎますように。

突然の販売終了

Tea
大好きだったのに……泣 (Photo by flossyflotsam)
 ああー、大好きだった紅茶が突然販売終了に。
 こんなことなら、もっと頑張って買い支えておけば良かった (ToT)
 本の絶版も悲しいけれど、食品の取扱中止の無情さったらないですよね。
 本なら古本で買える可能性もありますが、食品って賞味期限があるから……。まとめ買いしてもいずれは飲めなくなってしまいます。
 漫画家さんに送る「ファンレター」システムが欲しいです。食品にも。そしたら一人で何万箱も買わなくても、気持ちが届くかも。
 私が好きだったのは、4種類のフレーバーが入ったフルーツティーだったのですが、スリランカから輸入されていたものみたいです。この紅茶のおかげで、毎朝安らぎのひとときでした。
 そこで意を決して輸入代理店に電話したところ「メーカーから入ってこなくなってしまいました」というご丁寧なご説明をいただきました。輸入再開の目処は立っていないのだそうです……。事実上の廃盤……倒れ込む私。
「大ファンだったので、再開したらぜひ買います!」と熱く語っておいたのですが、メーカーからモノ自体が入ってこないのですから、再開なんて言われても代理店の方だって困ってしまいますよね。
 こうなったら……メーカーに直接……スリランカの公用語は……シンハラ語!!? 聞いたことない!
 しゃべれないよ (>_<)(スリランカにファンレター送る気だったのか……)

更なる暑さを求めて

夏の日差し
夏の日差し (Photo by Cybersaphyra)
 みんな「暑い暑い」って言うからなかなか主張できないのですが、夏、超最高です……(少し小声で)
 指先かじかんだりしないし、思い切り汗かけて気持ちいいし、
 薄着で身軽で、もう永遠に夏がいいなあ~って思ってるのですが、未だに私の周りには賛同者ゼロなんです(泣)
「こうなったらさー、更なる暑さを求めて沖縄に行くのもいいかもね~」
 って突拍子もないこと話しておりましたら、沖縄に一時居住している私の知人が、
「こっちは暑すぎて息ができなくて、肺が苦しいよ (≧o≦)」
 と言っておりましたので、沖縄旅行(仮)は、ひとまず10月末まで延期になりました。

庭を花で満たして

百合の花で満たして
百合の花で満たして (Photo by Dakiny)
 百合の花でいっぱいになった家の前を「綺麗ー」って言いながら通り過ぎたら、
「球根、持って帰る~?」と声かけられました。
 あっ……あの、借りてる家なので植える場所がないんです泣
 でも、そのお心がとても嬉しかったです。
 もしも自分の家があったなら
 庭を花でいっぱいに満たして、この方を招待してみたいな。

人を傷つけずに生きていきたいから

人を傷つけずに生きていきたいから
人を傷つけずに生きていきたいから (Photo by VasiRed Bull 2013)
 山奥に住んでいる人がご高齢を理由に引っ越しなさるそうで、新しい入居者を募集しておりました。
 もしかして、移住する時機が来たのかな。
 ずっと山で暮らしたかったから、このあたりで決断してしまってもいいかも。
 って漏らしたら「やめなって!」と全力で引き留められている私。いえいえ、移りますよ。それにしても、そんなにダメ? 山。
 その建物の場所は、私が今住んでいるところから山頂に向かって5分ほど車を走らせたところにあります。
 でもこのたった5分の間に、今ある利便性、環境、ライフスタイルが全てふるい落とされてしまう感じです。
 山暮らしは子どもの頃からずーっと夢で。
 動物や自然に優しい生き方をしたいなーって思っていました。人を傷つけずに生きていきたいから。
 本当はここに住む前に、山に行こうと思っていたのですが、その時は全く別の事情で無理だったという経緯がありました。
 山に住むことは、メリットデメリット色々とあると思いますが、全部受け止めた上で移住したいなと思っています。
++++++++
 (追記 2015年08月)
 ほぼ移住する方向で真剣に検討していたところ、不動産屋さんから「やっぱり(家主さんは)引っ越さないことにしたそうです」と電話が……。
 そっかー。今は移住する時機じゃなかったってことなのかなあ。もう少し今の場所でやるべきことがあるのかも。でもいずれは必ず……!

迷いが晴れました

迷いが晴れました
迷いが晴れました (Photo by Richard Cawood)
 迷いが晴れました。
 一人で考えても答えが出ない時は、勇気を出して人に意見を訊ねてみるとよいかもしれません。
 すごく参考になるし、相手への信頼感が増してますますその人を好きになれます。
 思い切って話して本当に良かった。どうもありがとうございました。

一度関わればずっと仲良し

冬の街を朱色に染める
アップルパイ (Photo by laurafletcher)
 お仕事でお世話になった方にお送りしたアップルパイが届いたみたいで、良かったですー。
マナさんからもらった差し入れのアップルパイも超美味しかったので幸せー。今日はいい日だ、うん。 pic.twitter.com/zFZ9FdrjTq

— sanshirou (@sanshirou) 2015, 7月 29
今日は前の職場のチームの皆とビアガーデンに行ってきました。夜、外で飲むビールは最高ですねー。マナカッコワライさんから頂いたアップルパイもとっても甘くて美味しかったです^ ^ マナさん素敵なプレゼントありがとうございました! pic.twitter.com/AwgzGg6RWd

— 大島 司 Tsukasa.Ohshima (@TSUKAPPI) 2015, 7月 29
 はいー。こちらこそありがとですー (o^_^o)
 お仕事を通して知り合った方々とは、タイトルをこえて、今でもめっちゃ仲良しです。
 いいゲーム開発者さんに巡り会えると「ああ、この人のためにもイラスト頑張ろう!」っていう思いが、私の背中をぐいぐい押してくれます。
 自分のために描くよりも、何倍も楽しい経験です。
 私一人じゃゲームまでは作れませんから、ゲームの深い部分まで引っ張っていってくれる開発者さんにはいっつも感謝しています。出来るのはイラストを描くことだけ。
++++++++
 私には不可能なことも、相手には可能だったりして、そうやって支え合いながら一つのものを作り上げていくのは本当に貴重な体験です。
 転職や引っ越しで、お互いにライフステージの変化を迎えても、「いいものを作りたい」って思いを共有した日々は、こうやっていつまでも残り続けていくみたいです .*+

ネタバレ記憶消去装置の開発を求めます

映画が始まる前のワクワク感、たまりません!
映画が始まる前のワクワク感、たまりません! (Photo by m4tik)
 映画鑑賞が趣味の知人。
 みんなで映画を上映する前に、最初から最後までストーリーを全部しゃべっちゃうのは、やーめーてー (ToT)
 それか、しゃべってもいいから、私の頭の中の記憶を消していってください。お願いします (T_T)
 本人には悪気は全然なくて。心から楽しそうにストーリーを解説したがるので、やめてって強く言えないんですよ。
 言っても多分、相手を傷つけるだけで、意図までは伝わらないと思うのです。ネタバレの死活問題に気付いてないこと以外は、本当にいい人なのですよ。
 もーこうなったら、ネタバレだけ綺麗さっぱり記憶消去する装置が欲しいです。
 ネタバレ記憶消去装置があれば、知人のネタバレもちゃんと最後までしっかり聞いてあげられるし、映画も見られるし、知人を傷つけずに映画まで楽しめて……いいことずくめじゃないですか! ほんと装置の開発をすぐにでもお願いします。切実!

夏休みの図書館はいい子ばかり

行きつけの図書館で
行きつけの図書館で (Photo by Chris Devers)
 図書館に本を返しに行きましたら、館内に大勢の子どもたちがおりました~。
「あれっ、もう夏休みに入ったんですか」って司書さんに尋ねたら、
「そうなんですー。今年は7月17日が終業式でした」
 そう答えてくださった司書さんのそのお声は、まるでそよ風にこすれ合う花の音のように、とっても小さくて、でもしっかりと私の耳に届きました。
 その時、ホールに溢れる大勢の子どもたちが、皆一様に静寂のマナーを守っていることに気付きました。
 司書さんのささかかなお声も聞き取れるほどの静けさ。こんなに沢山子どもがいるのに!
 大人の私よりも、何倍もしっかりしてる子ばっかり。見習わないと!
 もうみんないい子すぎて、可愛くて、愛おしくって、めちゃ心がふんわりしたよ(´-`*)

温かいうちに食べてね

Kitchen
Kitchen (Photo by Bryan Lee)
 電子レンジが新しくなりましたー。
 前に使っていたのはターンテーブル式で、仕上がり時に「チーン♪」と鳴る機種だったのですが、新しい機種は「ピーッピーッ」というビープ音になりました。
 そっかー。いまどきの電子レンジはもうチン♪とはいわないのですね。
 じゃあ「レンジでチン」っていう言葉も、もう使えなくなってしまうのですね……。
 1. 「レンジでチンして」
 2. 「レンジでピーッピーッして」
 うんー。やっぱりチン♪の方が言いやすいかな(^o^)
 今後も構わずチンって言うぞー!
 
~こうしてマナは時代に取り残されていくのであった~

 ちなみに、料理が温め上がっても蓋を開けないままでいると、断続的に「ピーッピーッ」って鳴り続けてお知らせしてくれます。ハイテクゥー
 これは「温かいうちに食べてね」というレンジの親心(?)なのかもしれません。
 だけど何かを温めたまま忘れて寝てしまうと、その後キッチンで一晩中放置されてしまって。もしかしたらしばらく鳴り続けていたのではないのでしょうか……。
 翌朝、忘れててゴメンネぇー!(;o;) と申し訳ない気持ちに。