Home > 5月, 2013

私と語り合いませんか

Southwest Airlines by kevin dooley http://www.flickr.com/photos/pagedooley/5171856178/
新幹線の車内で (Photo by kevin dooley)
 先日、新幹線に乗ったとき (クリックで記事へ)、隣に座ったかたが本を読んでおられました。
 座るときに、ちらっと目に入ったページの言葉が、私の好みのど真ん中で。
 本のタイトルと内容が気になって気になってしかたありませんでした。
 本には無地のカバーがかかっていましたので、タイトルを知るにはご本人に尋ねるしかありません。
 ですが、そんな勇気なんかあるはずもなく。
 そのまま向かいの窓を黙って見つめながら、気にしないふりをし続けました。でも心の中はどきどき (笑)
 本のタイトルが知りたかった。そして、できれば! できればでいいので。
 お、お話してみたかったです。
 あんまり好きな本について語り合える友だちが周りにいないので、これは貴重な出会いだったのかも……、って思うと、自分の勇気のなさっぷりに…… (>_<)
 こうして思いがけない場所で、同じ考え、同じ趣味に合う人に出会ったりすることってありますが、実際にはなかなか話しかけるのって難しいですよね。
++++++++
 帰ってきてから、同居人にそのことを話してみたら「えー、声をかけてみれば良かったのに」と言われたので「なんと言えばいいのか分からない」と尋ねたところ。
「『素敵な本をお読みですね。ところでその本について私と語り合いませんか』なんてどう?」
 と言われました。
 ……ちょ、ちょっと待ってね。
 見知らぬ人間から突然「私と語り合いませんか」なんて声をかけられたら、どんなに相手をびっくりさせてしまうことか (>_<) しかも「素敵な本をお読みですね」って……もう!もう!
 そんなことを言ってしまって、もしも気まずくなってしまったら。
 その後1時間、どんな顔をして座っていればいいのかな……。あ、1時間だったんですよ、移動時間 (笑)

まなざしから伝わる気持ち

Photo by iwalk.jp
新幹線 (Photo by iwalk.jp)
 5月連休(後半)の初日、ちょっとした用事ができてしまって、新幹線で遠出してとんぼ返りしてきました。
 帰りは18時発くだりの新幹線でしたが、すごく混雑していました。
 お仕事が終わって、そのまま帰省する人が多い時間だったからでしょうね。
 おみやげ袋を持った方でいっぱいでした。
 ちなみに、新幹線内では「名菓ひよこ」をよく見ました(マナ調べ)どうでもいい調べ
 駅に着いたら、改札のところに人がいっぱいで。
 たくさんの人たちが、ホームに繋がる階段の降り口を一様に見つめています。
 帰省する家族が、ホームから降りてくるのを待っているようです。
 そのまなざしのなんて優しいこと……!
 改札のところには、いろんな年代の人がいましたが、みんな、同じ表情で、同じ方向を見ながらにこにこしているんです。
 大切な家族に会えるという期待感で、自然と顔がほころんでしまうんでしょうね。
 その表情がとても温かくて……。
 人が持つ愛に大きな魅力を感じて、合流の様子をしばらく立ったまま見つめてました。ちょっともらい泣きもしてしまいました。
++++++++
 私も久しぶりに親に会うと、普段、こんなに温かい目で私を見ていてくれたんだなあって感動することがあります。
 きっと、出迎えてもらった方々も、同じ感動を味わったんだろうな。
 口では多く語らなくても、まなざしから伝わってくる愛情って大きいですよね。
 いろんなニュースを目にすることもあるけど、やっぱり人は根源的に美しいなあって思いました。

オンラインRPG「クロストライブ」のメインイラストレーターを担当しています

「クロストライブ」メインビジュアル (クリックで拡大)
メインビジュアル (クリックで拡大)
 新作オンラインRPG「クロストライブ」のメインイラストレーター、キャラクターデザインを担当させていただきました。
 (開発: 株式会社デジタルハーツ / ストーリー原案:月島総記先生)
 クロストライブは、現代に生きる魔法使いたちの物語です。
 それぞれ、自分の魔法で具現化した武器を持っています。魔法で出しているのでシュワシュワなのです^^
「クロストライブ」キャラクターイラスト (クリックで拡大)
キャラクターイラスト (クリックで拡大)
 こちらはキャラクターイラスト。
「一見ふつうの人間たちなのだけれど、実は能力を持った魔法使い」をデザインコンセプトにしてデザインしてみました。
 硬派な感じのゲーム内容なので、イラストもいつもよりもちょっぴり渋め?に……。
 今回、新しいタイトルの誕生に関わることができたことに、心から感謝しています。