私にとっての絵描きさん

表彰台のドライバー
表彰台のドライバー (photo)
 衛星放送で毎晩、WRCの生中継が放送されてまして、丸々4日間費やして全部見てしまいました~。
 モータースポーツをたっぷり見られて、ほんと幸せでした~ (*´ο`*)
 WRCの生中継って滅多に放送されないんですよ。いつもダイジェスト版での放送なのです。
 それが、4日間連続で、ななななんとななな生放送されたのですよ!
 これがどれだけ貴重なことか……! えっ、分からない? そ、そんなぁ……。
 私の周りって、モータースポーツファンの人って、ほぼゼロなんですよ。
 私が大好きなF1も「同じ円周上を車でぐるぐる回るだけなのに、見ててなにがそんな面白いの?」って言われたりして……。
 ワアアア!(TmT) 円周じゃなくてサーキットって言ってよぉ (←そこかよ)
「でもさあ、F1やモータースポーツって何がそんなにいいの?」
 という、殿方や姫君のために、不肖わたくしめが少し解説をさせていただきますです。
 F1は、各自動車メーカーが、技術の粋を結集して挑むスポーツにございます (じいやの口調で)
 ここで培われた知識や技術が、やがて、コンシューマー向けの (私たちが普段乗っている) 自動車などにも生かされていきます。
 いわば、モーター技術の最先端なのです。燃えるー!
 モータースポーツでは、選手 (ドライバー) にばかり目が行きがちですが、普段、隠れたところで頑張っておられる技術者の方々が、自分の技術を公に試すことが出来る、貴重な場でもあるのです~。
 でも、私がF1で特に好きなところは……
 F1には、伝統的に、選手同士がお互いを称え合う風潮? みたいなものがあって。
 サーキットで火花を散らした選手同士が、勝ち負けに関わらず、お互いのことを尊重し合うんです。
 表彰台で、選手がお互いの頭にシャンパンをかけあっている映像、見たことがありますか?
 あれは、嫌がらせをしているのではなくて (笑)、お互いのことを称え合っているのですよ (o^.^o)
 他人の存在を尊ぶこと。私は、F1のそういうところにとても心惹かれているんです。
 F1ドライバーは、年間20人ほどしかなれない、とても狭き門です。
 その狭き門に入るために、そして自分の精神力と体力を維持するために、どれだけの心血を注いでいるのかを、きっとお互いに知っているから……。
 ちなみにF1では、一年間、F1全体がほぼ同じメンバーで動きます。
 WRCはレースによってたまに選手が入れ替わったりすることもありますが、やっぱり基本的には同じメンバーです。
「1年間ずっと一緒にいるから、戦っている同士なのに、なんだかF1全体が一つの家族みたいな感じがする」
 って、以前、元F1ドライバーの片山右京さんがおっしゃっていました。みんな仲良し (*^_^*)
 でも……、誰だってきっとそうですよね。
 絵もきっと同じかも。
 描き手さまがたが普段、どれだけ愛情と心血を注いで絵を描いていらっしゃるのか、痛いくらいに気持ちが分かるから。
 だから私も、全ての絵描きさまを尊敬しています。
 趣味で絵を描いていらっしゃる方も、商業作家さんも、絵を描かれるかた、すべて。
 そして、私の絵を見て下さった方々にとても感謝しています。見て下さった方々、みんなみんな大好きです ゚+..。*゚+

画集『pixiv年鑑2013』に掲載していただきました

画集『pixiv年鑑2013』に掲載していただきました
画集『pixiv年鑑2013』に掲載していただきました
 画集『pixiv年鑑2013』に参加させていただきました。
 マナカッコワライのイラストが数点、掲載されています。
 書籍の詳細を記載しますねー。
 pixivで人気のイラストレーターが大集合した公式画集!

 月間34億PV、会員数710万人超、累計作品投稿数3800万枚突破!
 世界最強のイラストコミュニケーションサイト「pixiv」の現在を圧倒的なボリュームでお届け! 待望のオフィシャル年鑑2013年度版が登場です。
 今注目の絵師181名が登場!

【掲載作家】
086/_01/24/456/Archlich/??(BG)/CHRIS/chibi/comet/Cyan/cyawa/domco./felt(lidsan)/hatsuko/himano/ HJL/pomodorosa/PSD/RAN/rifsom/S/saitom/SALT/Seal/silverwing/TCB/茶部屋(tea house)/TKG/ukyo_rst/vient/yuna/Yuni&Nona/秋鮭/アカバネ/明菜/HKN/JaneMere/hou/K,Kanehira/k_ototo/kibi/kise/KL/KRSK LIN+/naoto/nico/Nidy-2DNoir/ODESSA(はるよ&マクー)/Ooi Choon Liang/あげゆみ/あざ/あさか/あさぎり/飴村/あすだ/あやとき/荒川/イチ子/市子おはる/イチノセ奏/色原みたび/一斗まる/鵜飼沙樹 /兎尾(大賀一五)/ウタコ/梅桜/エビゾー(黒須高嶺)/えもみん/大沼もん/おとないちあき/おどり/おにねこ/かt(加藤 片)/カイ/格之/風李たゆ/仮眠/叶 彩/禿/仮名/かも 仮面/川田 千尋/銀行/京塚アラキ/久保(久保いさこ)/黒田/くろのくろ/ぜろきち/爽々/染谷(染谷みのる)/ダエ/橘/卵の黄身/チーコ/稚野まちこ/ちほ/知梨/月穂/デュエット/常磐兼成/トモキ/トリ/とりのあくあ/とりのささみだった人/長乃/中村/けーしん/黒兎/コタケ/コト/ことコト/独楽子/斎賀時人 /さきの新月/さみりか/しきみ/茂田家/朱華/志村/じんつき/スオウ /すしこ/すばる/炭/ずんが/なな/猫鍋蒼/ネヲ/ノザキ(野嵜貴子)/バーニア600/はいたか/萩原(萩原凛)/パセリ/はり/はんじゅくいぬ(白狼)/ハル犬/非/ひし/ヒコ/聖/平野淳/ぶーた/藤原(藤ちょこ)/へびつかい/蛇野らい/星野キソラ/ポ~ン/誉/まがた/マナカッコワライ/麻先みち/ミオ/岬/三澤 寛志/水あさと/水口(水口 十)/弥南(弥南せいら)/ミナ
(書籍紹介ページより)

『絵師100人 generation2』に参加させていただきました

『絵師100人 generation2』に参加させていただきました
『絵師100人 generation2』に参加させていただきました
『絵師100人 generation2』に参加させていただきました。
 マナカッコワライのイラストが数点、掲載されています。
 以下、書籍の詳細です。
 前作から4年。世界が魅了されたイラストレーション、進化系。
 2009年に弊社より刊行した初の絵師名鑑『絵師100人』セカンドエディション、満を持しての発売です。

 同人作品、ライトノベルのイラストやアニメ・ゲーム、コミックなど、際限なく洗練されていく日本のポップカルチャーの全フィールドから、独自の萌えを追求する才気溢れるイラストレーター100名とその作品を掲載。4年前に比べ、いったいどう変化してきたのか。

 本書は、進化した表現手法や世界観の構築、ボカロ絵師の出現など、新たな潮流をすべて取り込み、その最前線を総覧から紐解きます。イラストレーションの数だけ生まれる多彩な美少女/美少年たちが、世界を再び魅了する! !

【掲載作家】
赤井てら / akka / 甘塩コメコ / 有坂あこ / 泉 彩 / 一葉モカ / いとうのいぢ / 伊藤ベン / wingheart / VOFAN / うっけ / えいひ / LM7 / ooi choon liang / 大槍葦人 / おどり / おにねこ / 籠目 / カズアキ / 和遥キナ / 加藤アカツキ / 榎宮 祐 / CUTEG / 烏羽 雨 / カントク / 菊池政治 / 清原 紘 / 吟 / KeG / けーしん / 珈琲貴族 / 国道12号 / コダマユウヤ / ことコト / 梱枝りこ / Saitom / ざいん / 櫻木けい / 笹森トモエ / さより / さらちよみ / 時雨 / しずまよしのり / しづ / シバユウスケ / しめ子 / John Hathway / 白井鋭利 / しろ / シワスタカシ / 砂屋 / sepain / 爽々 / だいん / ちり / 津路参汰 / つなこ / TNSK / toshi Punk / Tony / 富岡二郎 / 鳥越タクミ / 長澤 真 / なぎみそ / 鍋島テツヒロ / Nardack / 西又 葵 / ニリツ / のう / BUZZ / パセリ / ぶーた / フカヒレ / 藤ちょこ / ふゆの春秋 / 星井ヒサ / MACCO / マナカッコワライ / マニャ子 / Mitha / 深崎暮人 / 三嶋くろね / 碧風羽 / 水上カオリ / 皆村春樹 / ミユキルリア / 村上ゆいち / 村田蓮爾 / メロントマリ / もぐも / 山×2 / 憂 / 雪広うたこ / Laruha / 李玖 / りょーちも / 瑠奈璃亜 / 零花 / rezi / refeia (五十音順・敬称略)
【デザイン】
有馬トモユキ
【予約特典】
カバーイラストを使用した、B2判相当サイズ折り込みポスター

(書籍紹介ページより)

いつも心にたてじまを

Catalina Olavarria / Voyeur Zebra
目の前がしましまに (Photo by Catalina Olavarria)
 Intelから待ちに待った新CPU「Haswell」がやっと発売されましたね。
 えっ、USB3.0に既知の不具合がある? い、いいえ。大丈夫です。
 随分前から期待をかけていたんです……このHaswellには……。もうパーツ選びも始めちゃってるからね……。
 2ヶ月後には上記の不具合が解消された、HaswellのC2ステッピング (C1の修正版みたいなものです) がリリースされるというお話しなので。
 それまでは現役PCで駆け抜けるつもりなのです。
 それなのに。
 このタイミングで、現役PCに緊急の異常が発生!
 画面中に、なぞの黒いたてじまが走る走る。ビュンビュンと。
 このたてじま、ただの線ではなく、小さい「」の集合体のような感じで。
 それぞれが繋がっておらず、画面上に散らばっているんです。
 しかも、時間が経つにつれて徐々に増えていっているような気が……。
 でも一応、ふつうの操作はできるのですよ。
 たてじまの奥の画面では、正常のシステムが起動しているので。たてじまの合間を縫って操作します。
 でも、このまま放っておくのは非常に危ない感じがします。
 なんだかたてじまを見過ぎて、目を閉じていても黒いしましまが見えてきました。危険危険!
 きっともう目自体がたてじまになりかけているのでしょう。(lll_lll) ←このように。
 予定ではこの夏、C2ステッピングのリリースを待ってから、一気にPCパーツを新調する予定でした。
 パーツ選びもすっごく楽しくて。
 それなのにこのタイミングで旧規格のPCパーツを購入したくないよ~ (>_<)
 なんとかあと1~2ヶ月間持たせる方法ってないのかな。
 そんなことを1~2秒間は考えたけど、すぐにあきらめ、危険な香りがぷんぷん漂うPCで、その場しのぎのグラボを注文しました。
 もう目もディスプレイも限界なんです。
 今すぐ届いて下さい。お願いします \(lll_lll)/
 以上、しましまPCでお送り致しました。目とディスプレイ上にたてじまをえがきつつ退場。

私と語り合いませんか

Southwest Airlines by kevin dooley http://www.flickr.com/photos/pagedooley/5171856178/
新幹線の車内で (Photo by kevin dooley)
 先日、新幹線に乗ったとき (クリックで記事へ)、隣に座ったかたが本を読んでおられました。
 座るときに、ちらっと目に入ったページの言葉が、私の好みのど真ん中で。
 本のタイトルと内容が気になって気になってしかたありませんでした。
 本には無地のカバーがかかっていましたので、タイトルを知るにはご本人に尋ねるしかありません。
 ですが、そんな勇気なんかあるはずもなく。
 そのまま向かいの窓を黙って見つめながら、気にしないふりをし続けました。でも心の中はどきどき (笑)
 本のタイトルが知りたかった。そして、できれば! できればでいいので。
 お、お話してみたかったです。
 あんまり好きな本について語り合える友だちが周りにいないので、これは貴重な出会いだったのかも……、って思うと、自分の勇気のなさっぷりに…… (>_<)
 こうして思いがけない場所で、同じ考え、同じ趣味に合う人に出会ったりすることってありますが、実際にはなかなか話しかけるのって難しいですよね。
++++++++
 帰ってきてから、同居人にそのことを話してみたら「えー、声をかけてみれば良かったのに」と言われたので「なんと言えばいいのか分からない」と尋ねたところ。
「『素敵な本をお読みですね。ところでその本について私と語り合いませんか』なんてどう?」
 と言われました。
 ……ちょ、ちょっと待ってね。
 見知らぬ人間から突然「私と語り合いませんか」なんて声をかけられたら、どんなに相手をびっくりさせてしまうことか (>_<) しかも「素敵な本をお読みですね」って……もう!もう!
 そんなことを言ってしまって、もしも気まずくなってしまったら。
 その後1時間、どんな顔をして座っていればいいのかな……。あ、1時間だったんですよ、移動時間 (笑)

まなざしから伝わる気持ち

Photo by iwalk.jp
新幹線 (Photo by iwalk.jp)
 5月連休(後半)の初日、ちょっとした用事ができてしまって、新幹線で遠出してとんぼ返りしてきました。
 帰りは18時発くだりの新幹線でしたが、すごく混雑していました。
 お仕事が終わって、そのまま帰省する人が多い時間だったからでしょうね。
 おみやげ袋を持った方でいっぱいでした。
 ちなみに、新幹線内では「名菓ひよこ」をよく見ました(マナ調べ)どうでもいい調べ
 駅に着いたら、改札のところに人がいっぱいで。
 たくさんの人たちが、ホームに繋がる階段の降り口を一様に見つめています。
 帰省する家族が、ホームから降りてくるのを待っているようです。
 そのまなざしのなんて優しいこと……!
 改札のところには、いろんな年代の人がいましたが、みんな、同じ表情で、同じ方向を見ながらにこにこしているんです。
 大切な家族に会えるという期待感で、自然と顔がほころんでしまうんでしょうね。
 その表情がとても温かくて……。
 人が持つ愛に大きな魅力を感じて、合流の様子をしばらく立ったまま見つめてました。ちょっともらい泣きもしてしまいました。
++++++++
 私も久しぶりに親に会うと、普段、こんなに温かい目で私を見ていてくれたんだなあって感動することがあります。
 きっと、出迎えてもらった方々も、同じ感動を味わったんだろうな。
 口では多く語らなくても、まなざしから伝わってくる愛情って大きいですよね。
 いろんなニュースを目にすることもあるけど、やっぱり人は根源的に美しいなあって思いました。

オンラインRPG「クロストライブ」のメインイラストレーターを担当しています

「クロストライブ」メインビジュアル (クリックで拡大)
メインビジュアル (クリックで拡大)
 新作オンラインRPG「クロストライブ」のメインイラストレーター、キャラクターデザインを担当させていただきました。
 (開発: 株式会社デジタルハーツ / ストーリー原案:月島総記先生)
 クロストライブは、現代に生きる魔法使いたちの物語です。
 それぞれ、自分の魔法で具現化した武器を持っています。魔法で出しているのでシュワシュワなのです^^
「クロストライブ」キャラクターイラスト (クリックで拡大)
キャラクターイラスト (クリックで拡大)
 こちらはキャラクターイラスト。
「一見ふつうの人間たちなのだけれど、実は能力を持った魔法使い」をデザインコンセプトにしてデザインしてみました。
 硬派な感じのゲーム内容なので、イラストもいつもよりもちょっぴり渋め?に……。
 今回、新しいタイトルの誕生に関わることができたことに、心から感謝しています。

すみれ色の人になりたい

すみれ色の人になりたい (4月中旬撮影)
すみれ色の人になりたい (4月中旬 近所の野原で撮影)
 自宅の庭で、今年もすみれが咲いていました。
 ささやかでとても小さな花です。
 ずっと前に読んだ本だったか何かの中に、とても印象に残ったフレーズがあって。
 「花は、自分を踏んだ者のかかとにも、よい香りを残す」
 この言葉を見た瞬間、ものすごく感動して、
 うわ~。私はこういう人間になりたいんだー!
 と、布団の上でごろんごろんした覚えがあります。
 まるで人生の目標を見つけた気持ちでした。
 それは今でも変わりません。優しさと許しって、人間の特性の中でも、究極のような気がします。
 すみれはとても丈が小さくて、道ばたや雑草の中に紛れて咲いています。
 気をつけて見ていないと、うっかり見落としてしまいがちです。
 だからなのかな。上のフレーズを思い返すとき、なぜかいつも私の頭に思い浮かぶ「花」のイメージは、すみれの花のイメージなのです。
 私が春の花の中でも大好きな花。
 ひっそりと咲くすみれを踏まないように、今日は石段の上を選んで歩きました。

もちもちイラストアップしました

もちもち
 今年ももう12分の1が過ぎようというのに、いまだに初詣に行けていません (>_<) Oh...
 今年はあんまりお正月らしいこともしないで1月を過ごしてしまいました。
「明けましておめでとうございます」って言ったくらいでしょうか……。あわわわ
 でも、お正月の気分は味わうことが出来ました。
 外にでかけると、みんなが楽しそうな顔をしていて。「ああ、お正月っていいなあ」って思いました^^
 新年を迎えて、気持ちが明るいというのもあるかもしれないけど、やっぱり家族みんなで過ごせているというのが、笑顔の一番の理由なのかなあと思います。
 いつも会社に詰めてるお父さんが家にいたり、遠くから親戚が帰ってきたり。
 家族が揃うと嬉しいですよね。
 というわけで、お正月にTwitterで描いたお年賀イラストをこちらにもぺたりしておきます。もちもちです~。
 これで初詣にさえ行けば、私の一年はやっと始まるのです……! (えー)

絵描きのこだわり

IMG_7732 by kagen33
チャーハン (Photo by kagen33)
 チャーハンって (いきなりなんの話)バラパラのほうがいいとされているのですね。
 プロの料理人たちは、いかにごはんがバラパラになるかに心を砕くと知って、びっくりしました (@_@)
 うーん、そうだったのか~。
 私は、たまにあるごはんのかたまり部分に、至高のおいしさを感じてました。
 なんと言いますか、かたまり部分があったほうが、歯ごたえ? があって、おいしくないですか? 食感にリズムと言いますか。
 でも、パラパラチャーハンの方が価値が高いのですね。そうか~。
 でも、こんな感じで、作り手側がものすごくこだわっている部分が、普通の人にはわりとどうでも良かったりすることってありませんか?
 あっ、どうでも良かったりっていうのはちょっと言い過ぎたかもしれないですー (@m@)
 チャーハン職人(?)の人たち頑張ってるのに……。
 でもでも、私もそうなんですよ。
 すごくこだわって描いた部分には、あんまり気づいてもらえなかったりします (笑)。
 例えば、この絵↓は、シューズがアシックス (日本のスポーツシューズのメーカーの名前) なんです。
のぞき見注意! (クリックで拡大)
のぞき見注意! (クリックで拡大)
 私は、まだ走り始めの頃、靴の重要性を全く分かっていませんでした。
 それで、デザイン重視で靴を選んだ結果、右足首の骨をいためてしまったんです。ものすごーく痛かったです。
 その後、ちゃんと靴を選ぶようになって、今はアシックスのゆったりした履き心地が一番自分の足に合っています。
 それで、普段からお世話になってる靴に、かなりの愛情を込めて描きました。
 でも他の人にとっては、割とどうでもいい感じで (笑)
 えっ、細かすぎて気づかない?
 あっ、そうですよね。すっ、すみません。
 あ、でも、チャーハンは、あの……かたまりを残す方向で……お願いします……。